いわゆる新しい形態の銀行とは

新しいスタイルでサービスを提供している銀行の紹介

大和ネクスト銀行を知りたい

大和ネクスト銀行とは

大和ネクスト銀行は日本の銀行です。東京都に本店を置くいわゆる「新たな形態の銀行」の1つで、2010年設立の新しい銀行です。新たな形態の銀行というのは金融庁の用語の1つで、従来の銀行では行わなかった業務を行う銀行のことをいいます。そのため都市銀行や地方銀行など従来の銀行とは異なる特徴があります。

新たな形態の銀行は2000年以降に設立された銀行が多く、ジャパンネット銀行などが新たな形態の銀行の走りとなりました。実店舗を少なくし、入出金は提携銀行の窓口やATM、インターネットバンキングが主な手段、口座開設や明細の表示などをすべてネット上で行うなどの特徴があります。コストが少ないため金利や手数料の面で他の銀行よりも勝っている場合が多いというメリットもあります。

大和ネクスト銀行も例外に漏れずこれらのメリットを有しています。大和ネクスト銀行が掲げるメリットは金利の高さや手数料の安さ、利用できるATMの多さや金利のステップアップです。定期預金など王道の商品しか利用しない場合や、メインではなくサブで利用したいなどの場合に選ばれることが多いようです。

大和ネクスト銀行は扱う商品が他の銀行よりも少ないです。しかし大和証券の証券総合口座と大和ネクスト銀行の口座を自動で切り替えることができる(スウィープ・サービス)ため、大和証券の利用者を中心に人気が高まっています。このように投資用の資金繰りに便利なため、商品が少ない分外貨預金など定期預金に力を入れています。

copyright 2015 いわゆる新しい形態の銀行とは All Rights Reserved.