いわゆる新しい形態の銀行とは

新しいスタイルでサービスを提供している銀行の紹介

大和ネクスト銀行を知りたい

大和ネクスト銀行の外貨預金

大和ネクスト銀行は外貨預金の人気が高いです。そもそも商品が少ないというのもありますが、外貨預金は金利や通貨の種類などから人気が高いのです。しかしながら外貨普通預金は大和ネクスト銀行だけではなく大和証券にも取引口座を持っている場合に限り利用できる専用商品なのです。そのため大和証券で利用する外貨投資のための待機資金を運用する口座として利用する人が多いです。

外貨預金で扱う通貨はアメリカドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド、トルコリラの6種類です。多くの銀行が扱うイギリスポンドがない代わりにトルコリラをチョイスしており、南アフリカランドやトルコリラなど金利の高いマイナー通貨を利用するために大和ネクスト銀行を利用する場合が多いようです。

普通預金の金利はユーロが1番低くて0.01パーセント、1番高いのはトルコリラの2.00パーセントです。しかし金利が高い分リスクも高いため、トルコリラに次いで金利の高い南アフリカランドあたりも人気が高いです。これらの外貨預金の払い戻しは大和証券の口座になるので、ほとんどの人が大和ネクスト銀行で運用した資金を大和証券で利用します。そのため大和証券は大和ネクスト銀行を利用することで自らの顧客と資金を保護しているともいえます。

定期預金は1ヶ月から3年までですが、通貨によって利用できる期間が変わります。安定性のあるアメリカドルは3年まで利用できますが、オーストラリアドルとニュージーランドドルは1年まで、南アフリカランドとトルコリラは6ヶ月、ユーロにいたっては3ヶ月のみの定期預金になっています。金利はやはりトルコリラ が1番高く、6ヶ月もののほうが高いため、6ヶ月の定期預金を繰り返すのが最もお得になります。

copyright 2015 いわゆる新しい形態の銀行とは All Rights Reserved.