いわゆる新しい形態の銀行とは

新しいスタイルでサービスを提供している銀行の紹介

楽天銀行の色々な活用

楽天銀行のFX

FXを行う人の割合は30代から50代くらいまでが多いのですが、楽天銀行はちょうどそのくらいの年齢からの支持を集めている銀行です。そのためFXでの利用もわりと多いのが特徴です。支持される理由はおもに利用の簡単さと安全性です。FXを行う際はファンド以外に手数料の安さや取引のスムーズさなどが重視されるため、FX専門のサイトなどではない場合、取引の早いネットバンクの人気が高いのです。

楽天銀行は基本的に手数料による支出が少なくてすむ銀行なのですが、FXの場合も手数料が安く設定されています。1枚あたり片道で189円なので、手数料をもっと安くしているところもありますが、良心的な値段といえます。ネットバンクなのでFX口座への入金はもちろん無料です。

安全性についてですが、2005年に金融商品取引法(当時は金融先物取引法)が改正されたことによって外国為替証拠金取引も法的規制の対象となり、そのため東京金融取引所には取引所為替証拠金取引市場が設置されました。そのため安全性が格段に上昇しており、楽天銀行はそれを利用しています。楽天銀行が提供するのは基本的にこの取引所為替証拠金取引サービスなので、安全性が高いのです。

FXの利用者数は景気によって増加が左右されますが、最近はアベノミクスの影響で円安傾向にあり、FXを始める人が増えています。そのため楽天銀行でもFXのサービスを利用しはじめる人が多くいます。とはいえアベノミクスだけではなくFXの仕組やコツなどを熟知したうえで利用しないと損をしてしまうので、利用に消極的な人も多いのですが。

copyright 2015 いわゆる新しい形態の銀行とは All Rights Reserved.