いわゆる新しい形態の銀行とは

新しいスタイルでサービスを提供している銀行の紹介

日本とSBJ銀行

SBJ銀行とは

SBJ銀行は2009年から日本で営業を開始している銀行ですが、もともとは韓国の銀行である新韓銀行の在日支店が母体です。新韓銀行は1986年に大阪支店を開設しており、続いて東京と福岡にも支店を開設していました。SBJ銀行はその業務を譲り受ける形で2009年に営業を開始し、在日支店ではなく日本の銀行という形で生まれ変わりました。

SBJ銀行と同じような経緯で日本の銀行として営業を開始した銀行には、ほかにもともとアメリカの銀行の支店だったシティバンク銀行があります。シティバンク銀行は海外での利用など対外的な活用に向いていますが、SBJ銀行は日本国内にいる韓国人などへの配慮があり、在日韓国人系の信用組合などと連携して営業しています。

SBJ銀行は営業を開始して間もないにも関わらず合計預金残高を着々と伸ばしており、その利用者の多くが在日韓国人で占められています。その理由としてはSBJ銀行になってから特別金利などのキャンペーンを頻繁に行い、在日韓国人向けのサービスも多く用意してきたことなどが挙げられます。

2010年までは日本での営業で得た資金を韓国に送金することで韓国とのパイプを強めていましたが、金融庁からの指導によって現在では日本国内で資金をやりくりして営業しています。また2011年からはインターネットバンキングサービスが始まり、それによって若い人向けの営業を強化しています。支店を有する銀行としては従業員数が少ないため支店が少ないのですが、各地の大型都市に店舗を置いています。

copyright 2018 いわゆる新しい形態の銀行とは All Rights Reserved.