いわゆる新しい形態の銀行とは

新しいスタイルでサービスを提供している銀行の紹介

日本とSBJ銀行

SBJ銀行の各地の支店

SBJ銀行は日本国内の主要な都市に店舗を置いてあることで、店舗数が少ないまま利用客を増やすことに成功した銀行です。たとえばSBJ銀行の支店は東京に3店舗あり、虎の門と上野、新宿に店舗を展開しています。さらに横浜、名古屋、大阪に2店舗、神戸、福岡と人口の多い都市を中心に店舗を展開しています。

SBJ銀行はもともと資金や従業員などが少なく規模の大きい銀行ではなかったので、支店やATMを多く置いて利用客を増やすというよりは、人口の多い場所にピンポイントで店舗を置くことで効率よく利用客を増やす方法なのです。とくに大阪周辺はもともと一番最初に新韓銀行の支店が置かれた場所なので、今でも利用客の多い場所となっています。

しかし現在はインターネットバンキングが盛んになっているので、店舗の利用はじわじわと減っている傾向にあります。そもそもSBJ銀行は新韓銀行から業務を譲り受けてから数年しか経っておらず、今現在日本で営業している銀行のなかでも設立が新しいほうなので、支店も少なくて当然ですが。

支店はおもにビルの2階以上に入っている空中店舗ばかりで、そのため両替所を含めても従業員が少ないです。そのためインターネットバンキングのほうが手続きがスムーズになる傾向にあります。とくに送金や両替など手続きの複雑なサービスの場合は、短時間で済むというふれこみであっても混み合うと時間がかかることがあります。そのため時間に余裕をもって行うといいでしょう。インターネットバンキングではありますが専業ではないので注意が必要です。

copyright 2018 いわゆる新しい形態の銀行とは All Rights Reserved.