いわゆる新しい形態の銀行とは

新しいスタイルでサービスを提供している銀行の紹介

インターネットに強いスルガ銀行

スルガ銀行とは

久しぶりに長期の休みが取れることになったらどこへ旅行に行きますか。金銭的に余裕があれば海外というのも良いですが、国内にも素晴らしい観光名所がたくさんあります。有名だけど行ったことがない、という場所も多いのではないでしょうか。国内で屈指の観光地に入る熱海や伊豆は、日本のほぼ中央にあり関東地域や名古屋からは交通の便がよいので気軽にリゾート気分を味わうには最高の場所です。

青い海、白い砂浜、充実したサービスが揃った宿泊施設、そんな非日常を体験できるため若者から高齢者の方々まで幅広い世代に人気があります。この熱海と伊豆は静岡県に位置しており、静岡県といえば富士山や三保の松原、御殿場、富士サファリパーク、浜名湖パルパルなどでも有名です。美しい海と豊かな自然に囲まれた静岡県、何度訪れても楽しめます。そんな静岡県に本店を構えるのが「スルガ銀行」です。

スルガ銀行は1895年(明治28年)に根方銀行という名称で設立されましたが、1912年(明治45年)に駿河銀行に変更され、2004年(平成16年)に現在のスルガ銀行となりました。スルガ銀行のシンボルマークは深い青色の台形の中に白い弧が5つ描かれているデザインになっていて、これは富士山、駿河湾・相模湾の波をイメージしているそうです。そして5つの波は「お客様」「株主」「社員」「静岡県」「神奈川県」を意味しています。

なぜ、神奈川県が入っているのかと言うと、神奈川県は第二次世界大戦前から営業展開を行なっている地域で、現在でも県庁内を含めて支店が36店舗あります。スルガ銀行で取り扱っている金融商品は普通預金・各種定期預金などの円預金、外貨預金、国債、投資信託、各種ローン、各種保険、など一般の銀行と同様の商品を豊富に取り揃えています。

copyright 2015 いわゆる新しい形態の銀行とは All Rights Reserved.